<< フランス滞在記 06 | main | フランス滞在記 最終回 >>
2014.07.24 Thursday

フランス滞在記 07



昨夜は、
ジョセフィーヌ、ヘレン、
マリ、ソフィ、カトリーヌ達と、
お部屋のベッドで……
7日目です。




窓から見える
マレ地区の青空。
今日も暑い1日になりそうです。




宿の小さな中庭で、
静かに珈琲を飲めます。
日本より、
少し時間がゆっくり
流れています。




しみじみひとつひとつの
アパートを観察すると、
Parisの美しさを
引き出すには
各自の細かいこだわりが、
大切なんだと思いました。
汚いおパンツなんて、
干してないもんねー!




BMWのバイク乗りとしては、
Pちゃんの愛車も見ておかないと!
かっけーなぁ。
国際免許持っていったから、
本当は運転したかったけど、
サングラスのボスの
許可が出ず断念!
嘘、雨でした。




マレ地区のマルシェ入口。
れ ぞんふぉん るーじゅ。




若いパワーが
炸裂している場所。




クスクス、インド料理?
日本食などなど、
異国の定食が食べれます。
凄い人でした。




フロマージュは、
臭いのが好きです。




野菜はニンジンの
千切りが好き。




ランチはクスクス屋さんへ。




これよ!コレコレ!
このスープよ!
俺は、自分で作るくらい、
クスクスが好きです。




メルゲッツに
ブロシェット ド アニョー。
ようはチョリソーに
羊肉の串焼き。
まじ、うまかった。




マレ地区の
写真集やART本の店、Ofr.
ちなみにサンジェルマンの
美術書店、ラ・ユンヌは
閉店していました。残念。




フツーの景色だが、
色のマッチングが
見過ごせない。




あの建物の中で、
頭取をやるか、
グラフィックデザイナーになるか、
悩んだ時期もありました。
BNP本店、
バンク ナショナル パリ 。




三丁目の夕日風、
パッサージュ。




四代続く、
ライヨールの工房が
手で作っている
ナイフとフォークを
とうとう買いましたよ。




やべえ、
カッコよすぎ!
はよ、肉切りたい。




最終日の夜は、
バスティーユの
古いビストロへ。
食べに夢中で
記録あまりなし。




オイスター好きなもんで、
夏でも生牡蠣でっす!




で、明日は最終日、
パリともサヨナラする日です。涙
















コメント
この滞在記、見応えありますねー!
コートダジュールのビーチの俯瞰もよいし、
マレ地区のアメ横な感じもイイっす。
  • ak
  • 2014.07.25 Friday 22:59
akさん、ありがとうございます!夢の旅は終わりました。笑
  • dan
  • 2014.07.28 Monday 16:52
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
twitter
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM