2018.07.03 Tuesday

阿佐ヶ谷でギターを弾く、、夢をみる



阿佐ヶ谷飲み。
飲み屋の窓から
見える景色が
昭和やなぁ〜。
ねぇマスター、
ギターを貸してくれよ。
君のために一曲、
弾かしてくれないかい?


※実際に楽器は、

何も弾けねっす。

2018.07.03 Tuesday

ストロボより蚊取り線香!



二回もロケハンして挑んだ
根津の古民家での撮影現場。
風鈴の音色が心地よかったです。
この現場での1番の敵は、
なんといっても、蚊です!
蚊取り線香は必需品っす。
2018.06.26 Tuesday

名画座 ギンレイホール、えがったぁ〜



飯田橋の名画座
「ギンレイホール」に行ってきました。
昔ながらの映画2本立ての

小さな映画館です。
休憩時間にみなさん、

持ち込んだ軽食を静かに食べたり、

読書したりしていて、

静かに時間が流れていました。

あ、昔の映画館って
こうだったよなぁと
懐かしい気持ちになりました。
小学3、4年生の頃でしょうか、

「エレファントマン」という
モノクロ映画を小さな映画館で

観たことを思い出しました。

当時、映画を見るギリギリのお金しか

持っていなくて、交通費がないから

自転車で街の映画館へ向かいましてね。

案の定、到着が遅れて

結局立ち見になってしまい、

大人たちが前を塞いでいて、

ほとんど映画を観れなかったという、

ほろ苦い思い出があります。

今の映画館は全席指定席ですから

そんな惨めな思いをする小学生なんて、

きっといないんでしょうね、、、、

なぁ〜んて、

感傷に浸ってみたりして。

以上、オチなし。

 

2018.06.08 Friday

完成したぜよ!The Burger ザ・バーガー

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

一冊まるっとバーガー本、

デザインしました!

キレイに仕上がりましたよー。

写真、書体、レイアウトなど、

デザインにかなり

こだわった一冊です。

うまいハンバーガーの作り方

知りたい人はぜひ!

 

2018.06.06 Wednesday

根津の黒猫



根津にある、

ハウススタジオの
猫の表札が

かわいいぞな。

 

2018.06.06 Wednesday

TAKEO PAPER SHOW 2018

iPhoneImage.png

 

竹尾のペーパーショー、

「precision 精度を経て立ち上がる紙」

見てきました。

 

iPhoneImage.png

 

会場では、9人のクリエイターが

それぞれ紙の未来を探りながら、

実験作品を発表するというスタイルです。

会場は薄暗くビリヤード場?のようでした。

それぞれ、コンセプトがあります。

会場は若いデザイナーさん?が多く、

みんな熱心に説明を聞いていました。

 

iPhoneImage.png

 

で、お土産が、紙切れというのが

またおもろい。

 

3年前に事務所を思い切って

コンパクトにしたので

最近はじっくりと仕事に向き合えるし、

こういう会場に顔を出す

余裕が出てきたのが嬉しいですね。

いい紙選びまっせ!

 

 

2018.05.29 Tuesday

大人の遠足






 

iPhoneImage.png




2018年5月20日は、
大人の遠足に出かけました。

TRIUMPH RIOT
OLD TRIUMPH MEETINGです。
引率の先生もクラスメイトも
誰もいないぼっち遠足でした。
団体行動が苦手なので
足はバイクで移動です。
お弁当も敷物も忘れて行ったけど
屋台のハンバーガーを買って
地べたに座って食べたら
ほっぺたが落ちるくらい
おいしかったです。
あぁ、楽しいなぁ。
青い空に話しかけました。
また来年もおいでよ。
富士山が答えてくれました。
(んなわけねーっす)
また、来年も
おじさんの遠足に
参加したいと思いました。


3年一組 渋澤 弾

2018.04.09 Monday

霜田あゆ美さん、個展

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

HBギャラリーで
霜田あゆ美さんの
個展みてきました。
横浜で育った
霜田さんが描く横浜の絵。
ちょっぴりおとぼけで
ゆる〜い世界が、

見ていて心地いい。
絵をながめていると、
ふわっとした、柔らかい、
やさしい気持ちに

なれますよ。

2018.04.03 Tuesday

恐るべし、古本屋のおばば

iPhoneImage.png

 

初めて見かけた
小さな古本屋。
冷やかしにふらりと入って
本棚を物色していると、
良寛さんの詩集が目に止まった。
古く色あせた一冊だ。
中をパラパラめくって、

古本独自の匂いを嗅ぐ。
うん、これだと決めて
レジに向かい本を差し出す。
老婆が、鼻の上の老眼鏡を
指でひょいとずらして、
上目遣いでこう言った。

「あら、偶然ねぇ、、、

つい今しがた、若い女性がね、
この本をずっとずっと、
長いこと立ち読みしていたのよ。
とってもキレイな人。ふふふ、、、」

そう言うと

「はい、1400円」
とぶっきらぼうに手を差し出した。
「ほう、それは偶然ですね」
俺は興味なさそうに返事をし、
千円札と小銭を手渡す。
しかし、本当は、
「ぬぬぬ〜、き、き、気になるじゃんそれ〜」
と頭の中は、まだ見ぬその女の妄想で
いっぱいだったのである。
良寛さんが好きな若い女性?しかもこんな

古本屋に入ってくるキレイな人?

なぬなぬ〜。
俺は絶え間なく押し寄せる

妄想の波に飲み込まれながらも、
冷静を装い、老婆がいるレジから

入り口まで、積み上げた雑誌を

崩さないように注意深く歩いた。
そしてなんとか入り口までたどり着き
まさに扉を開けるその瞬間、俺の背中に
老婆が、とどめのひと声をかけてきた。
「ちょっとあなた、言い忘れたんだけど、
さっき話した女性、こんなこと言ったら
なんなんだけど、よく来るお客さんなのよ、

つまり常連さんなのよ、、、」
なんだって?

俺は本能的に老婆に振り向き、

心の中で大声で叫んでいた。

「あ、あ、明日も来まっす!!!!!!!!」
その瞬間だ、しまった!
積み上げていた本に膝が接触し、
何冊かの本が崩れ落ちてきた。
目に飛び込んできたのは、

こちらをあざ笑うように

足元で横たわる

一冊の汚れたビジネス書。

タイトルにはこうある。

「リピート顧客を倍増させる 7つの方法」
帯にはこうも書かれていた。
「また来たい!! と思ってもらうために」
 

二度と来るかババァ!
(写真はイメージです)

2018.04.03 Tuesday

キレイなお姉さんのパンチラは好きですか?



弾デザイン事務所では、
エロいクライアントさまを、
白根ゆたんぽさんの絵で
あたたかくお出迎え

いたしております。

拝みに来てね!

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
twitter
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM